1/1

ことばの白地図を歩く 翻訳と魔法のあいだ(シリーズ「あいだで考える」)

¥1,540 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥7,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

著:奈倉 有里
発行:創元社
発売:2023年6月
判型:四六判変型 168mm × 130mm
造本:並製
頁数:160頁

ロシア文学の研究者であり翻訳者である著者が、自身の留学体験や文芸翻訳の実例をふまえながら、他言語に身をゆだねる魅力や迷いや醍醐味について語り届ける。「異文化」の概念を解きほぐしながら、読書体験という魔法を翻訳することの奥深さを、読者と一緒に“クエスト方式”で考える。読書の溢れんばかりの喜びに満ちた一冊。

<目次>
はじめに 印刷機からのメッセージ
1章 ことばの子供時代 ── 地図をひろげてみる
    ことばと出会う
    宝の地図にひそむ妖怪
    ことばの子供時代
    目標を考えてみる
    コラム 占いを味方につける
2章 文化の選びかた ── 地図を歩きはじめる
    好きな文化を担っていい
    エレベーターと換気窓
    あなたの防寒はどこから?
    故郷の味は自分で選べる
    コラム ロシアの四季
3章 ほん【ヽヽ】との魔法 ── 森に入っていく
    魔法を知る
    魔法の分解
    魔法使いは、いい詐欺師?
    コラム 迷信を楽しむ
4章 こいつは四角い関係だ ── 宝箱の見つけかた
    目的を見極める
    体験を確かめる
    連想と喚起力を翻訳する
    四角関係の誰になる?
    コラム 内気な語学のすすめ
おわりに 旅のゆく先
翻訳と魔法のあいだをもっと考えるための作品案内

※グラシン紙を巻いてお届けします。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (93)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,540 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品