1/1

所有と分配の人類学 ─エチオピア農村社会から私的所有を問う

¥1,650 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥7,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

著:松村 圭一郎
出版社:筑摩書房
発売:2023年11月
判型:文庫判・480頁

これは「わたしのもの」ではなかったのだろうか。
調査地でのある出来事から、私的所有の感覚がゆらぐ経験をした著者は、所有への違和感を抱きつつエチオピアの農村へ向かう。畑を耕す牛、畑になる穀物、台所道具、生活する人々など、ミクロなものに目を向けて調査していくなかで見えてきたものとは?作物は頻繁に分配され、持てる人から貧しい人に与えられる。土地を所有することと利用することの関係。国家による「土地」のコントロール。様々な角度から私的所有をめぐる謎を掘り下げていく。気鋭の文化人類学者による鮮烈なデビュー作。

<目次>
序論(所有と分配の人類学
多民族化する農村社会)
第1部 富をめぐる攻防(土地から生み出される富のゆくえ
富を動かす「おそれ」の力
分配の相互行為
所有と分配の力学)
第2部 行為としての所有(土地の「利用」が「所有」をつくる
選ばれる分配関係
せめぎあう所有と分配)
第3部 歴史が生み出す場の力(国家の所有と対峙する
国家の記憶と空間の再構築
歴史の力)
結論(所有を支える力学)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (55)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,650 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品